« NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークって? | トップページ | 学会員のお客様 »

2017年6月25日 (日)

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークについての、私なりの考察

http://blog.livedoor.jp/how_to_go/archives/50521568.html

リンクは「私は創価学会員でした」というブログの財務について書いた記事。

前にも載せたが、しつこく載せる。

今日は、さっきまで友人と焼肉を食っていたので、比較的平静な気分である。

焼肉といっても食べ放題である。

焼肉といっても牛角である。

もちろん写真などは載せない。Facebookみたいに。

ところで、Facebookって、最近見てますか、皆さん。

Facebookにログインしようというメールが頻繁に来るが、最近、といっても、ここ数年全くログインしていない。

そもそもFacebookって、「これ食べました」とか、食べ物の写真とか、自慢話とかが多くないでしょうか?

まあ、高校時代の同級生から友達リクエストが届いて、その同級生のネットワークで繋がったのは面白かったんだけどね。

さて、本題である。

表記の件であるが、憶測で書くなというので、私が参加した福岡の集いと広島の集いに限定して書く事にする。

その前に、最も重要な事は、本当の被害者同士で足を引っ張っていては、加害者を利するだけである。

この有様を見て、加害者、つまり創価学会は高笑いしている事だろう。

このNPOだが、以下の点を守らなければいけない。

・対外的に加害者を創価学会と限定してはいけない

・対外的に「集団ストーカー」という言葉を使ってはいけない。

また、実際には

・広島と福岡に関しては街頭宣伝活動をやっていない(過去にやったことはあるかも知れんが、聞いた事が無い)


上記2点に関しては、このブログは明確に違反している。

また、話は全然飛ぶが、私は創価学会に立ち向かう為にこのブログを書いているのではない。

だいたい、こんなブログ書いても、労力ばかり使って、一銭にもならない。

それと、創価学会とは関わらないのが、最善であると思っている。

学会の事は学会内部で完結すればよろしい。

しかし、対外的に集団ストーカーを行い、罪も無い人を窮地または死に追い込んでいる。

また、私自身が被害者となってしまったので、どうすれば、この被害をなくすか、といった視点で考えた時に、やはり、世間一般にこの被害を周知し、世に問いたいと思ったから、こんなブログを書いている訳である。

話は戻るが、ブログを削除する様言われたのが、平成29年6月18日の日曜日である。

定例会が始まる前だった。

その時はNPOに関する部分を削除して欲しいと言われたので、あー、NPOに迷惑かけちゃいかんな、と思い、NPOに関する部分は削除しようと思った。

でも、そんなに酷い事書いたかな?とも思った。

割と抑え気味にしたつもりであるが。

「こんなの見たら人が集まらないから」

は?である。

会を大きくしたいのか?

会員を増やしたいのか?

いや、問題が解決して解散するのが、本筋ではないのか?

「女性来てないな、女性」

私「いや、別にいいと思いますけど」

「女性が来ないと女性の会員が増えないんだよ!」

集いで、Hさんという若い女性が途中参加すると、Hさんばかりに話しかける。

あー、この爺ちゃん、若い女性が好きなんだな、でも若い女性に相手してもらいたかったら、風俗いけば

と思った。


この時点で、この爺ちゃん、何を考えてるんだろうと思った。

「新しい人が来たら、前の資料、200円か300円で売れよ」

えっ?

いや、コピー用紙10枚位だから、紙代で、せいぜい50円でしょ、と思ったが言わなかった(当たり前)

なんか、NPOで金儲けしたいのかな、という疑念が湧いた。

私は川崎さんが進行役を辞退してしまったので、偽被害者に広島が乗っ取られるのを防ごうと進行役に立候補したが、遠方で尚且つ、このブログを書いてるからダメという事になった。

偽被害者のMさんが、Hさんを役員に推し、爺ちゃんも乗り気だった。

Hさんも偽被害者か、と思い、進行役はしばらく決めないでおきましょうと言うので必死だった。

余談だが、「私は創価学会員です」と明言した参加者がいた。

やっぱり川崎さんがいないと、広島は乗っ取られると痛感したが、私一人で頑張っても力不足だ。

だいたい、川崎さんが進行役を離れるとブログで明言した為、偽被害者がわんさか現れ、一気に広島は乗っとられると懸念していたが、案の定、普段より参加者が多く、8名程参加していた(広島では多いと思う)。

もうダメだ、広島は完全に学会に乗っ取られた。

爺ちゃんは、全くそんな事、意に介さず、若い女性と話せて上機嫌である。

帰りの新幹線で考えた。

NPOの事を書くと迷惑になるが、ブログ等を削除すると、単に集いの中だけで完結する事になり、問題は解決しないのではないか?

逡巡したが、翌日は仕事が深夜まであり、その翌日から上海旅行である。

その問題は頭の片隅にはあったが、考える暇がなかった。

それで、前回の記事のメールである。

困惑しない訳がない。

疲れたので福岡の事は機会があれば書こうと思う。

機会があれば、あればね。

よければ、コメント下さい^_^

« NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークって? | トップページ | 学会員のお客様 »

宗教」カテゴリの記事

コメント

「みかん」という学会員に告ぐ

お前、何言ってんの!!

NPOなんて、集団ストーカー被害者は異常者だと宣伝している団体だ!!

お前、私が今、どうなっているか分かるか!!

もう出てくるな、この学会員が!!

あなたは、本物の被害者なのでしょうか?
理事長のように、賢い忍耐力と広い器を兼ね備えている人は、滅多にいないと思います。

しろごまさん、コメントありがとうございます^ - ^

ブログとツイッター、少し拝見しました。

ブログですが、何で加害者が創価在日からCIA等に変わったんですか?

お言葉ですが、貴方は本当の被害者ですか?

はじめまして。広島在住のテクノロジー犯罪被害者です。よろしくお願いします。
ブログとツイッターをやっているのでよかったら見てみて下さい。

こんばんは。夜分遅くにご免なさい。
ブログ主様の今回の記事で感じた事を率直にお伝え致したいと思います。

今回の記事に書かれておりますエピソードの際、私も居合わせておりましたが、理事長がブログの内容を警告されたのは訴訟対策と仰いました。

女性被害者に関する理事長の発言ですが、女性被害者が集いの場に居た方が、例えば新規の女性被害者の方が参加された際に、男性には被害内容を伝えづらい内容だとすると、被害を打ち明けやすい同性の女性会員がいた方が良いというニュアンスでの発言だったように思います。

被害者が増えた方が良いのかという問題ですが、これは永遠のジレンマではあると思います。

お金儲けの件ですが、運営の内情について私は何もわかりませんが、NPOの会員になり2年が経過致しましたが、広島に関しては徐々に参加される方が減ってきており、僅かながら危機感はあります。

今回の記事を拝読致しまして、率直に申しますと多少驚きました。私も現場に居合わせていましたから、その時に私が感じた事とブログ主様が感じた事が随分異なるからです。

私は今回のブログ主様の記事を最初に読んだ時、理事長の発言内容をかなり歪曲されていると思ってしまいました。

思ったと同時に、一歩距離を置くしかないのです。どういう事かと言いますと、マインドコントロールにより、ブログ主様は、理事長の発言を歪曲されたのだろうと。

一歩距離を置けるという状態は、こちらの方が世間ずれしていないという確信を伴うものです。気持ちの余裕があるという事です。

そしてこれは私の推測なのですが、これこそが私自身がテクノロジーにより受けているマインドコントロールなのかもしれないと思っています。マインドコントロールはそれだけ複雑なものだと思っています。

私は一歩距離を置けますが、仮に特定新興宗教団体に所属されていて、尚且つ被害者である会員の方が、今回の定例会の場に居合わせていたとすると、その方はブログ主様に、かなり強く異を呈されるのではないか、等と想像しますが、その想像も私が作り上げた妄想でしかないのかもしれません。

何やら風変わりな話をしてしまい申し訳ないです。私は被害者の方々に長々と返信してしまうのが癖になっており、ご迷惑だったかもしれません。

被害に遭遇してからもう数年経ちますが、ずっと暗闇の中を歩いている状態で、被害者の方々に話を持ち掛けるのも手探りの状態です。しかしそれは他の被害者の方々も同様だと思いますので弱音は控えたいと思います。

あ、ご返事は構いません。またいつかお会いしましょう(^^)v

hさん、コメントありがとうございます^ - ^

先日はお世話になりました。

焼肉も大変美味しかったです。

今までのブログを見ていただければ分かりますが、私の場合、加害者は学会としか考えられないのです。

別の組織が加害者という方を否定する気はありません。

しかし、もっと突っ込んだ話として、例えば公安が加害者と考える人の論調は、今の所、根拠が乏しく、説得力が無く、唯、「創価学会ではなく、公安だ」と連呼しているだけだと私には映ります。

自衛隊とか言ってる人も同様だと思います。

他の人はどうか分かりませんが、私の場合はマインドコントロールされている訳ではありません。

因みにブログに出てくるhさんと言うのは、貴方の事ではありませんよ。

別のhさんです。

また、焼肉食べたいですが、難しいです。

機会があればお会いしましょう。

その時までお元気で^_^

こんにちは。先日は色々とお世話になりました。私は様々な方のブログを拝見しておりますが、特定新興宗教団体と、その信者を糾弾する内容の記事のコメント欄において、潔白を証明するという動機からブログの記事を書いた方に異を唱えたり、疑問を呈したりしているコメントを見たことがありません。

ブログでは特定新興宗教団体を加害者の本体とする方々に異を唱えておられる方々は沢山おられます。

逆の立場で考えても、それらのブログのコメント欄において、特定新興宗教団体を加害者の本体と捉えておられる被害者の方々が、そのブログ主に異を唱える姿を見たことがありません。

私の推測ですが、潔白を証明する必要がない、あるいは、潔白を証明する余地を与えられていないのではと思っています。その方々から見て、特定新興宗教団体を加害者の本体と捉える方々の訴えは、マインドコントロールされたものにしか見えないからです。

川崎さん、いつもありがとうございます^ - ^

福岡の集いでも耳にした通り、会員が長続きしない=本当の被害者が排除されるという事なんですね。

私はもう退会ですよ。

正直、これではNPOを人に勧める事は出来ません。

どうも、川崎です。

NPOでは、会員の個人情報などをウェブ上に掲載したら、規約違反となり、最悪退会となります。

それ以外のことは何を書いてもいいはずです。

そもそも、加害カルトを役員に就任させてばかりの理事長に問題があるはずです。

私は、加害カルトの乗っ取られてしまっているNPOの現状を書くことに賛成です。

頑張ってください^^ (私は実名で活動していますので、名前を出していただいて構いません。)


川崎正典

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2483038/70965964

この記事へのトラックバック一覧です: NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークについての、私なりの考察:

« NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークって? | トップページ | 学会員のお客様 »