« NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークについての、私なりの考察 | トップページ | 平井堅 「ノンフィクション」 »

2017年6月30日 (金)

学会員のお客様

http://ncode.syosetu.com/n6367dk/1/


リンクは「華想学会入信中!!」という小説。

創価学会内部の集団ストーカーの一部が垣間見れて結構面白い。


さて、前の記事で、自営業(社会保険労務士)の仕事は潰されたと書いたが、一応県会には登録したままだった。

それで、少なくとも去年は報酬が無かった。

今年は案件が出てきたのである。

仕事が完了して報酬の支払いをお客様に請求した。

50万円程の案件だったが。

これが言を左右して、なかなか払おうとしない。

私の事を詐欺師だ、だから報酬は支払わないと散々である。

女性のお客様だったが、電話で主人に代わると言い、その男が恫喝してくる。

毎日電話がかかってくる。


その度に主人という男に恫喝される。

異常だ。

払わないと少額訴訟を起こす旨通告すると、あちこちに電話して、弁護士と相談しただの何だのと。

契約書があるのだから、単に相手がゴネているに過ぎない。

ついに県会の事務局に駆け込み、何て言ったか分からんが、県会から苦情が来ているので、文書で回答するようにと。

多少おこがましいが、私はお客さんを助ける為に全力を尽くした。


それがこの仕打ちである。

まただ。

またやられた。

パターンが以前と似ている。

学会員だ。

詳しく言えないが、以前にも学会員ので客に何とかして欲しいと頼まれ、まだ代理がない段階で、他の社労士に書類を返して欲しいと要求し、県会から厳しく注意を受けることになってしまった。

念の為言っておくと、代理してないのに、そういう行為をしてはダメである。

それでいて、その客は私には依頼しないときた。

学会の集団ストーカーというのは被害者を経済的に困窮させるのを、まず第一にやってくるが、私が50万円程の報酬を手にするのが許せなかったのであろう。

結局、すったもんだあって、裁判になる直前でお金を支払ってきた。

あと、冷やかしが極めて多い。


相談したいと言って、直前でドタキャンという事が何度もある。

相談中に創価学会のクリアファイルをさりげなく見せて、私を脅しているようにも見える。

前の記事でも述べたが、私はパチンコ屋の景品交換所の仕事もやっている(一応、私は日本人です)

そこでも学会員による嫌がらせが凄まじい。

何度も言うが、創価学会の集団ストーカーというのは、働いて正常な生活を許さないのはもちろんの事、引きこもりにもっていくのが第一の目的である。

被害者を破滅させ、絶望させ、自殺にもっていく、又は犯罪にもっていく。

これが宗教家のする事であろうか。

« NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークについての、私なりの考察 | トップページ | 平井堅 「ノンフィクション」 »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2483038/71008774

この記事へのトラックバック一覧です: 学会員のお客様:

« NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークについての、私なりの考察 | トップページ | 平井堅 「ノンフィクション」 »