« 創価学会による集団ストーカーはあるのか、客観的に考えたい 2 | トップページ | 脱会者は自殺に追い込めの意味 »

2018年5月27日 (日)

騒音おばさんに学ぶ創価学会員による嫌がらせ

5月も後半となり、福岡でも暑い😵日々が続く様になった。

前回、身体被害について書いたが、アンカリング(?)というか、仄めかし、それに続くターゲットに如何に思い込みをさせるかについて書いてみたい。

これが前に言った、ターゲットを統合失調症に追い込むパターンではないかと思う。

よく分からんが、統合失調症というのは、思い込みの激しさによる「妄想」もあると思う。

皆さんもよく知っている「騒音おばさん」に加えた嫌がらせが分かりやすく典型的なパターンではないか。

これについてはyoutube等で見た知識しかないが、それについて私自身の体験を書いてみたい。

騒音おばさんは創価学会への入信を断った。それで大量の創価学会員による嫌がらせ(所謂集団ストーカー)を加えられたのである。

まずは監視行為である。

これはaiueo700氏、矢野絢也氏もそうだが、実際に監視行為を強烈にし、「お前の事は全て見てるぞ‼︎」とターゲットに思い込ませる事によって、ターゲットを妄想状態にするのではないかと思う。

そしてターゲットが逆ギレしたところをカメラに撮ってマスコミに売る。

基地外がわめいてるとテレビで放送され、全国の学会員達は大笑い。

更に、刑務所にぶち込まれ、「あーっ、ターゲットが破滅した‼︎」と全国の学会員達は更に大爆笑。

いや、こんな攻撃的(まるで中東の話みたいだが)な宗教団体、日本🇯🇵に要るのですか?と言いたくなる( ;∀;)。

私の体験からして、大勢で自宅周囲を取り囲み、夜眠れなくさせる為に窓の外から巨大ライトで照らされた。

メンタルやられて当然じゃない?

更に家宅侵入によって、ボールペンだけ持っていったりする。

ターゲットに明らかに「創価学会に狙われている」と思わせる。

いや、誰でも思うよ、その状況なら。

事ほど左様に創価学会というのは恐ろしい。

ではまた^_^

« 創価学会による集団ストーカーはあるのか、客観的に考えたい 2 | トップページ | 脱会者は自殺に追い込めの意味 »

宗教」カテゴリの記事

コメント

Mさんへ

なるほど、ブライティングというのですね(>人<;)

私もやられましたね。

私の場合、顔が分かる学会の地方本部の本部長と支部長が来てたから、ハッキリ学会によるものだと分かりましたよ。

騒音おばさんは本人だけでなく、子供にもこれをやられたそうな。

これをやられると、夜眠れませんよ(当たり前ですが)

つまり、不眠症になります。

Mさん、いつもありがとうございます(^。^)

こんにちは

騒音おばさんの相手が××学会員であると言う情報はネットにはたくさん流れています。ソースを検索することは今難しくなっているようですが。

ただ、騒音おばさんのまとめサイトの管理人が 服役中のおばさんに 「××学会がらみで隣人にはめられたんですよね」 とリアルに手紙を送って「大体その通り」という返事がきたそうです。

また国会でも取り上げられた××学会のガスライティング行為の中には、大光量の光を標的に当てるブライティングという手法がありますが、
騒音おばさんは、障害がある娘さんにブライティング行為をされていたという報道があります。
また原告夫婦は周辺の信者を20人も集めビデオを撮りつつクスクス笑い、24時間ビデオの監視をしていたそうです。

『原告夫婦は熱心な××会員である疑いが濃厚』と国民に思われても全く不思議ではありません。
××学会会員がとる方法と酷似しています。

ブログ主さんもブライティングの手法で攻撃されていたと拝見しましたので、そう思われても自然でしょう。

miyaさんへ

騒音おばさんは創価学会の入信を断ったのが検索しても出てこない⁇⁇

何を言っているのかな?

こんなのYouTube等でいっぱい出てきて有名な話だよ!!

じゃないと嫌がらせされる訳ないだろっ!!

どこ見てんの!!

それとな

「この国」が恐ろしいのではなくて、創価学会が恐ろしいんだよ!!

だからフランスをはじめ、多数の国でカルト指定されてんだよ。

問題をすり替えるな。

このバカ!!

どうも。

>騒音おばさんは創価学会への入信を断った

とありますが、その情報は検索しても出処がありません。虚偽ではないですか。

創価学会の恐ろしさをアピールされていますが、彼らは国の与党です。つまり、この国が恐ろしいものだという見解でよろしいですか。お詳しいようですので伺います。国とは、司法・立法・行政などの権力構造からなり国民の上位にある組織の呼称です。

Mさん、いつもコメント有難う(^^)

確かに創価学会のアンカリング(?)は最初は強烈だと思います。

私も所属していた支部の支部長や本部長が現れて、強烈に嫌だった( ;∀;)

唯、それが5年も10年も続くとはあまり思えないんですよね。

人間の思い込みとは恐ろしいもので、最初の一定期間強烈に思い込ませると、それがずーっと続いてる様な錯覚(⁉︎)に陥るのでは、と思います。

ともあれ、一人一人の力は弱いですが、各々が発信していく事によって、集団ストーカー撲滅、創価学会撲滅に繋がると思うのです。

だって、金を巻き上げて、嫌がらせをする宗教団体を世間一般はどう思うかという事だと思うんです。

Mさん、私の携帯番号をメールで送っておきました。

辛い時は連絡して下さい。

いつもありがとうございます😊

こんにちは、先日はコメントありがとう。見ていただけると思わなくて。

信じて頂けると私もありがたいです。あまり信じられる人がいないので。
もし不信に思われたら私のフェイスブック見てくださいね。「こんな目に遭ったー」と毎日戦ってます(^_^;)


>アンカリング(?)というか、仄めかし、それに続くターゲットに如何に思い込みをさせるかについて書いてみたい。
これが前に言ったターゲットを統合失調症に追い込むパターンではないかと思う。

って本当わかります。

私への攻撃だと”赤・青・黄の服の人が現れる”なんていう日もあります。
普通に生活していて、赤・青・黄の原色コーディネートの人なんてそうそういるものじゃありません。

一回ならたまたまかな?と思いますけど、何組も現れたら違和感を感じて普通ですし、
創価カラーを主張したくて着ているのかな?と思っても不思議ではないです。
ほのめかしだと受け取っても、若干論理の飛躍はあるかもしれませんが、自然な感想だと思います。

そして、そういう生活がずっと続くと、ほかのことまで皆そういう風に見えてしまう。
「統合失調症に追い込むパターン」ですね。メンタルやられて当然です。

仮に相手が「アンカリング目的」でやっているとしても、なるべく別の意図にとるのがいいのかな…と。そこが難しいんですけれど。
騒音おばさんみたいに悪質にエスカレートしてしまうとそうも言っていられませんが。

なるべく睡眠をとって、被害者同士で連携しあいましょう。


この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騒音おばさんに学ぶ創価学会員による嫌がらせ:

« 創価学会による集団ストーカーはあるのか、客観的に考えたい 2 | トップページ | 脱会者は自殺に追い込めの意味 »